経理アウトソースの記事

最初から経理はアウトソーシング。スタートアップ、ベンチャー企業のアウトソーシングサービス利用のススメ

企業の選択と集中が進行する中で注目される「アウトソーシング」。これまで、コストを削減することを目的としたアウトソーシングは多くなされてきましたが、これからは欧米のようにノンコア業務を戦略的に外部委託する流れが進んでいくことは間違いありません。
スタートアップ企業やベンチャー企業は経理や給与計算にかける人材の採用に苦労するくらいなら、最初からアウトソーシングを行うことも選択肢としては十分考えられると思います。
この記事では、スタートアップ・ベンチャー企業が最初から経理をアウトソーシングするメリットについて解説します。

ベンチャー企業のバックオフィスは立上げが大変

ベンチャー企業やスタートアップ企業には当然ながらルールはありません。何も決まっていない状況で自らルールを作っていくことが必要です。加えて、当然ながら単純なルーティン作業も多いのが経理業務の特徴です。
しかし、立上げ当初の会社にとって、バックオフィスにそれほど大きなコストを割くことができないことから、そのような優秀な人材を確保することが難しいのが実際のところです。
また、仮に人材を採用することができたとしても定着率も悪く、もしその担当者が辞めてしまったら、次の人材を採用しなければならないという不安を抱えながらになってしまいます。
このような、ノンコア業務への人材の確保について悩まれる経営者は非常に多いものです。

最初から経理業務をアウトソーシングしてみる

経理人材の質の問題や定着率の問題から、昨今のベンチャー企業では最初から経理を持たないという選択をする企業が大変増えています。
当然ながらアウトソーシングすると、退職や採用といったストレスからは解放されます。人が入れ替わっても同じルールでバックオフィス業務が流れる仕組みを作ることができます。また、きっちり見極めれば経理業務に必要な専門的な知見を有する経理代行業者を利用できます。加えて、経理社員の不正も起こりません。
経理をアウトソーシングすることにより、リソースを営業などの収益獲得につながる業務に集中させることができ、パフォーマンスの向上が期待できます。

このようなメリットがあることから、バックオフィスに十分なリソースを割くことが難しいスタートアップ企業にとっては、経理を最初からおかないという選択肢をとる合理性は十分あると思います。

また、経理機能をすべてアウトソースしなくても一部だけアウトソーシングする、一時期だけてアウトソーシングするという利用の仕方もあります。
経理の仕事は1年を通して年中忙しいというわけではありません。年末などの繁忙期もあれば、忙しくない時期もあります。 また、経理担当者の退職や求人の状況など、経理で欲しい人員数は状況次第で違ってくるでしょう。 経理アウトソーシングは、経理に必要なリソースをその時々の状況に応じても運用できるのです。自社の状況の変化に合わせて適切な人材を配置できます。

どのようなアウトソーシング先を検討すべきか

経理業務のアウトソーシングを検討するとなると、候補となるのが会計事務所や税理士法人、経理代行専門業者だと思います。
経理業務のアウトソーシングをする際に重視いただきたい点は以下のとおりです。

・スムーズにコミュケーションを取ることができること
・経理、給与計算に関する専門知識や業務フローの設計に見識を有すること

近年、多くの企業でChatworkやSlackを利用したコミュニケーションが行われていますが、会計事務所や税理士法人ではFAXやメールベースのタイムリーでないコミュニケーションに限定されることもあります。これでは、スムーズなコミュニケーションに支障が出るため、日常的に緊密な連携が必要な業務をお願いするのは難しいです。

また、経理は仕訳入力などの単純作業と思われがちですが、基礎は会計基準や税法、労働法がベースとなった専門業務です。また、会社の経理業務のどの部分をどのように切り出してアウトソースすれば効率化できるかなどの業務フローの設計も重要になります。このため、アウトソーシングの委託先がどのような専門知識をベースとした会社なのか、どのような経験値を有するのかは、長期的に見てサービスのクオリティに直結するため、十分見極める必要があります。

まとめ

資金や人材が十分にそろわないベンチャー企業にとっては、成長を加速させるためにはどうしても選択と集中が求められます。これについて、収益を生まない間接業務については、自社内で行わなくとも外部にアウトソーシングすることに十分合理性があります。もし、経理業務のアウトソーシングを選択するのであればコミュニケーションの取り方を十分検討することが成功のポイントです。

リモート経理部は公認会計士を中心としたスタッフにより経理代行サービスを提供しています。またコミュニケーションツールはChatworkやSlackを採用しております。経理代行をご検討の方は是非無料相談をご利用ください。

お問い合わせ先はコチラ
電話:050-6868-9830

この記事の著者

代表取締役 公認会計士

銀行・大手監査法人を退職後、事業再生、M&Aのコンサルティングファームで中小企業の経営サポートを経験。
客観的な分析と戦略立案だけではなく、企業の中に入り込んで会社と伴走しながらサポートすることをモットーとしている。

経理代行導入のご相談はこちら

運営:株式会社タクセル

〒541-0046
大阪市中央区平野町2-5-8 平野町センチュリービル3F
info@taxel.co.jp